お酒が強くなる方法!アルコールが飲めるようになりたい人必見です!

健康

あなたは、

「お酒が飲めるようになりたい!」

と思ったことはありませんか?


コンパや打ち上げ、職場での飲み会、
友人との集まり、デートの席、、、


こういう時に、自分もお酒を飲めたら楽しいだろうなと思いますよね。
お酒が飲めるだけで、上手に人とコミュニケーションが取れたりすることもあります。


アルコールに少し弱いだけならまだしも、全く飲めないのであれば、

「付き合いの悪い奴」

「つまらない奴」

なんて見方をされてしまうこともあります。


これからの人生で人と関わっていく以上、やはりある程度のお酒は飲めるようになったほうが、楽しいと思います。

お酒が弱い理由

お酒が弱い理由は何なのでしょうか?

それは、アルコールの分解能力によって変わります。

アルコールは肝臓の働きによってアセトアルデヒドに変わり、その後、無害な酢酸に変わるのです。この一連の作業を行う能力に強い弱いがあるのです。

お酒に強い人はアセトアルデヒドの代謝速度が速い活性型を持っているのに対して、お酒に弱い人は、代謝速度の遅い低活性型や酵素活性がない非活性型を持っているということになります。


要するに、アルコールの分解能力によって、お酒の強い弱いは変わるということになります。

お酒が飲めるようになる対策

1:アルコール度数の低いお酒を飲む

お酒には、アルコール度数というものがあります。
度数が高くなればなるほど「きついお酒」ということになります。

ポーランドの「スピリタス」というウォッカは、アルコール度数が96%もあります。これは、そのまま飲んだりしたら、のどが焼けるくらいのレベルです。

それに対して、ビールや発泡酒、第三のビールと言われるアルコールは、およそ4%です。銘柄によって少し違ったり、最近はストロング系というアルコール度数の高いものが出ていますが、それでも9%とかです。


ウィスキーやバーボンは40%前後、焼酎は20~25%程度、ワインは、10~14%程度、日本酒は、15%前後といったところです。


銘柄によって変わるのですが、一般的には、同じ種類のお酒でも、アルコール度数の高いほうが、価格も高くなります。

お酒が飲めない、苦手という場合は、アルコール度数の低いものから飲んでみるといいですよ。


ビールは4%程度なので、アルコール度数が低めですね。焼酎は20~25%程度ですが、水割り、お茶割りといったように、他のドリンクで割って飲めば、5%前後になります。レモンサワーなども飲みやすいですね。

2、蒸留酒を飲む


「お酒が飲めない」

という方の中には、飲んだら具合が悪くなったり、二日酔いをしてしまうという理由で飲めない方も多くいます。

実は、お酒の種類で、二日酔いしにくいものがあるんです。

お酒には、【醸造酒】【蒸留酒】の2種類があります。


【醸造酒】は米、麦、ブドウなどの原料を酵母に、アルコールを発酵させることで出来上がるお酒です。

【蒸留酒】は、醸造酒を1度蒸発させたものになり「蒸留」という工程があることで、アルコールが凝縮されます。


具体的な、お酒の種類としては、

【醸造酒】日本酒、ビール、ワインなど

【蒸留酒】焼酎、ウイスキー、ジン、ウォッカ、ラム、テキーラなど


この中で、二日酔いしにくいのは、【蒸留酒】なんです。

そう考えると、アルコール度数が低めなこともあり、お酒が苦手な方は、焼酎が悪酔いしにくいと思います。

3:チェイサーを飲む


チェイサーとは、「追い水」といって、アルコールを飲みながら、たまに飲むものです。
それによって、酔い方を遅らせたりします。

チェイサーは、水やお茶、ジュースなどですね。

お酒に強い人は、ウィスキーを飲みながらチェイサーにビールを飲んだりします。

お酒の苦手な方は、アルコールと一緒に、ウーロン茶やお水を頼んで交互に飲めばいいと思います。

4:ゆっくりと時間をかけて飲む


一気飲みなどのように、早く飲めば飲むほど、早く酔いがまわってしまいます。肝臓でのアルコール分解が追いつかないため、大量のアルコールが体内に残ってしまいます。

ゆっくり飲めば、それだけ酔いがまわるのも遅らせられます。トイレに行って、小便をすることで、アルコールが早く抜けたりします。

長丁場のお酒や食事の席に付き合う場合は、できるだけゆっくり飲みましょう。

5:食べながら飲む

空腹のときに、お酒を飲むと誰でも、早く酔いがまわりますし、具合も悪くなりやすいです。

そのため、何かを食べながらお酒を飲むことをお勧めします。チーズなどの乳製品は、胃に幕が張られて、酔いが回りにくいという話もありますが、とりあえず、空腹でなければ、何を食べても大丈夫かなと思います。


以上、5つのポイントをあげてみました。


少しづつでも定期的に飲んでいると、お酒には強くなることが一般的です。

もっと、お酒に強くなりたい!そんな方法はあるのでしょうか?


ただ、それでも、思うようにお酒が飲めるようにならない方は、こちらをお読み頂ければと思います。

⇒ アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意


ビールを一口飲んだ5分後には、頭痛、吐き気、発熱が襲っていたのに、ある方法で、酒豪になってしまいました(^^)


その秘密が解説されています。


「どんな方法を試しても、飲めるようにならない!」

とか、


「ちびちびは飲めるようになったけど、みんなに笑われないように、もっと豪快に飲みたい!」

という場合は、ぜひ、ご覧になってください。

⇒ アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意

コメント

タイトルとURLをコピーしました