人に好かれたい男女の為の会話術

仕事

わたしは人に好かれたいというよりも、

「人に嫌われたくない」

という気持ちが強かったのです。


嫌われたくないという思いは、失敗してはいけないという行動に繋がりました。


「失敗したくないから会話が出来ない」

といった感じです。


とにかく引っ込み思案だったんですよね。


友達と話しても、

「こいつ、全然面白くないな」

と思われたりしないだろうかなんて取り越し苦労で、勝手に疲れていました。

そのため、人とのコミュニケーションが苦手であり、避けていました。


しかし、大人になればなるほど、人との関わりあいを避けることはできません。

仕事だって、完全に1人でやるケースなんて、ほぼありませんよね。

上司の指示を受けたり、部下に指示を出したり、一緒のプロジェクトで仕事をしたりといったように、チームプレーは欠かせません。


そう考えると、人とのコミュニケーションを避けるのではなく、克服しなくてはいけないと考えるようになりました。


職場でも、人に好かれる上司なんかは、仕事が出来ることが多かったんですよね。


部下にも人望があるため、

「上司の為にも頑張ろう」

と張り切ってくれる部下も沢山いました。


「人に好かれるようになると仕事もできるようになる」

そう思った私は、会話術とかコミュニケーション術とかの書籍を読むようになりました。


ですが、言っていることはわかるんだけど、行動に移すには、何かが足りないなあと感じていました。


別に、その書籍が悪いわけではないと思っています。

わたしの能力が低すぎたのだと思っています。


こうなると、文化教室のようなところでコミュニケーション講座などに通わないといけないのかなと考えましたが、なんだか恥ずかしいのです。


小心者なので、

「コミュニケーションが苦手な人なんだ」

と他の参加者に思われるのも、嫌だなと思ってしまうんですよね。
今思うと、本当に気が小さくて嫌になりますね。恥ずかしいです。


じゃあ、他の方法しかないなということで、通信教育とか内容の濃い教材を選択肢に考えました。


いくつか迷ったのですが、その中で選んだ1つが、ダントツに、わたしに合っていました。


それがこちらです。

ホームページで観た時には半信半疑でしたが、内容は濃そうだなと思いました。


当初は、有名な通信教育会社の教材なども迷ったのですが、意外と、名ばかりで中身は薄いものが多いということも聞いていました。


そこで、検討したものの中から一番安かったこちらを選んだのです。


わたしが満足した点は、とにかく内容が濃いことです。人から好かれる話し方がわかりました。

まさに、こういうことが知りたかったんだというテクニックが豊富に解説されていました。


解説の仕方も、かなり細かくかみ砕いてくれているので、コミュニケーションスキルの低いわたしでも、正しく理解し実践することが出来ました。


職場での口数が急に増えたということはないのですが、話しかけられても焦らなくなりましたし、自分からも気軽に話しかけることが出来るようになりました。


そして何よりも、好印象を持たれるようになったなと思うことが増えたのです。


なぜ、それに気づいたのかと言うと、

・食事などに誘われるようになった
・話しかけられる機会が増えた

からです。


面白いもので、コミュニケーションスキルが身についてきただけで、周囲の人間が仲間に見えるようになりました。


本当は今までも仲間だったのかもしれませんが、わたしが心を閉ざしていたばかりに、ただただ緊張する相手としか思えていなかったのでしょう。


今では、人に好かれるようになりましたし、会話をすることも好きになりました。初対面の相手にでもわたしの方から話しかけられます。


わたしがもともと、人見知りだったので、そういう相手に対しては、気持ちがわかるぶん、なおさらコミュニケーションが上手く取れている気がします。


もし、あなたも人見知りで会話が苦手だったり、人から好かれる話し方が知りたいとか、

「友達が欲しい」

「人に好かれるようになりたい」

と思っているのであれば、会話術を身につけるのも1つの手だと思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました