ホームランの打ち方~バッティング飛距離を伸ばす方法 

スポーツ

「1日たった20分でホームランが打てるようになる」


そんな方法を知りたくありませんか?

いつもひ弱で力がなくても、たった30日間続けることで、
パワーヒッターになることができるある方法があります。


あなたが少しでも

「バッティングの飛距離を伸ばしたい」

「ホームランが打てるようになりたい」

と思っているのであれば、このまま読み進めてください。

バッティングの飛距離が伸びない人の共通点


あなたがもし、バッティングの飛距離が伸びないのであれば、以下のような状況になっていませんか?

・早いスイングが振れない
・下半身で打てていない
・力が入り過ぎる
・体重移動がバラバラ
・速球に食い込まれる
・身体が安定しない

もし、そうだったとしても安心してください。

このような悩みを抱えているバッターはとても多いですし、それを克服してパワーヒッターに変貌を遂げた打者も沢山いますからね。

技術やテクニックを知っていても飛距離が伸びない理由

あなたは、飛距離を伸ばすために、以下のようなことをしていませんか?

・ひたすらランニングをする
・とにかく素振りをする
・バッティングセンターに通う
・ティーバッテングを行う
・バッテングのテクニックを身につける
・そもそも飛距離はセンスだと思っている


もしそうであれば、少し考えなおしたほうが良いかもしれません。
もちろんこれらのことは大事ですし、頭ごなしに否定するわけではありません。


しかし、深く考えずに、ただ我武者羅に、このようなトレーニングを続けているだけなら、飛距離が伸びることもホームランが打てるようにもならないと思います。


例えば、ランニングでも、大事なポイントを理解して行わないと意味のないものになってしまいます。

ランニングの着地時の衝撃は、体重の3~5倍あるんです。ちゃんと気をつけてやらないと、ヒザや足に大きな負担がかかることも考えられるわけです。

バッティングだって、スイングのテクニックだけで、飛距離を伸ばそうとするのは、難しいことなんです。

テクニックを最大限に活かせる身体が必要なんです。

最高のバッティングができる筋トレ・体作りが必要


プロ野球の選手は、求める結果を出すために、必要な筋肉をしっかりとつけていきます。

小学生でも高校生でも、世代や成長の個人差はありますが、その時その時で、つけるべき筋肉というものは確実に存在します。

しっかりと正しいトレーニングをすることで、重いバットが軽々と振れるようになったり、打球の飛距離を伸ばすことが出来るようになります。

では、どのような筋トレ・体作りをしたらいいのか・・・?

本当に飛距離を伸ばし、ホームランが打てるようになるのか?

気になるのであれば、あなたに合った間違いのない身体作りをする方法を試してみてください。

⇒ 1日わずか20分の『バッティング・パワーアップ・プログラム』

たったこれだけで、あなたの打球の飛距離は格段にアップします。

本当に意味のあるトレーニングだけをすれば、体に余計な負担をかけたり関節を痛めることも無く、バッティングに必要な体を作ることが出来ます。


ホームランの打ち方を知りたければ、ぜひ実践してみてください。

⇒ 1日わずか20分の『バッティング・パワーアップ・プログラム』

コメント

タイトルとURLをコピーしました